スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒマワリ

今フクシマではヒマワリが熱い!




っつーのもヒマワリには放射性セシウムを吸着する能力があって、放射能で汚染された土壌をキレイにしてくれるからなんだそーだ。
その放射性セシウムの除去率、なんと95%!!!!



すげえっ!なんてスゲーんだ!ヒマワリ!!!

ヒマワリなんてタネ取りさえ無視すれば年に2~3回育てられるぞ!
つーことは5月にタネ蒔いて7月初旬に刈り取り。これで95%除去!!!またタネ蒔いて9月頃刈り取り。これで残りのセシウムはほんのわずか!!!!!


ヒマワリのチカラを借りれば福島県はおろか世界が救える!
セシウムの半減期が何十年でも関係ないし、原発事故も恐るるに足らんわ!
なんつったって1~2年あればほとんどのセシウムは除去できちまうんだからな~~!!!




ってそんなウマいハナシあるけーっ!!!!!


もう完全なデマだわい。
そんな簡単に除去できんなら、ヨーロッパ諸国の放射線汚染問題なんざとっくに解決してっぺよ。


コレはアレだ。完全にファンタジーの世界だ。

夢があるの~。



なんて思ってたんだが、日本の科学者はマジにヒマワリで放射性セシウム除去する気だ。

農家の中にも今年は畑に作物植えるの諦めて、一面ヒマワリ畑にする人が出てるみたい。



効果・・・・・・あんのか?!


よっしゃ!!!オレも試してみっぱい!!!


幸いヒマワリのタネならすでに買ってある。

家庭菜園の畑に、コスモスとかヒマワリなんかの草丈の高い草花を植えるつもりでいたからな。



コスモスは昨年、道ばたで採取したタネがあるから問題なし。



それを畑に蒔きまくる!


息子もタネ蒔きたいとうっちゃしーので、ヒマワリは途中から息子にバトンタッチ。

ところが息子のヤロウ、20センチ間隔で蒔けと指示したのに、2センチ間隔で蒔きやがった・・・・・・


その後きちんと発芽はしたが、相当テキトーに蒔いたらしく、発芽してる場所の偏りがハンパねえ!




あちこち移植しなおさなきゃな。。。。。。。。。


スポンサーサイト

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

つよし

Author:つよし
福島県郡山市に住むフツーの会社員。
小さな庭で現在孤軍奮闘中。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。