スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年カレンベリー収穫

今年はイチゴのカレンベリーが豊作豊作♪


イチゴは水さえやっとけば何倍にも増えていいねぇ~。
ついつい何株も買っちまったけど、一株買ってりゃ充分だったわい。
バンバン増えるし。





おっ!コレ赤くなってんじゃん!いただきマンモス!!




うーん!うんめ。。。。。す、すっぺ~~~~っっ!!!
んっだよ、全然甘くねーでねーの。どーゆーこっちゃコリャ?


いろいろ食ってみたげんちょ、カレンベリーは赤くなってから何日かおかないと甘くなんないみたい。
赤くなってもしばらく放置!これ、アマーイいちごを食うのに大事なことな!



んが!赤くなった端からヒヨドリがウチのイチゴを狙う狙う!!
(*´∇`)
こんのクサレヒヨドリがぁぁぁぁぁぁ~~~っっ!!!!
誰の許可得てイチゴ食ってんだテメエっ!!?
しかもそれ、ウチのムスメが狙ってた一番デッケエやつじゃねえか!!
それをこともあろうにオレの目の前!ほんの4~5メートルの距離で!

っつーか、なんでウチばっか狙い撃ちしてやがる!イチゴぐれぇどごさでも植わってっぺした!!



と思ったら原発事故後、どこのお宅でもイチゴむしっちまってたわ~~。

かつてうちの団地は【家庭菜園=イチゴ】って状態で、庭の手入れを全くしないお宅でも庭にイチゴがたくさん植わっている団地だったんよ。
分母がデカいからウチのイチゴが食われることはほとんどなかったんだが、いまやその分母が。。。。

まぁ小さい子どもの多い住宅団地だし、しゃーねーわな。
むしらないでおけば、どうやったって子供が勝手に食っちまうし。




だからって、オレみたいに鉢あげして土入れ替えるなんてメンドクセエまねフツーしねえよな。
それに鉢植えは水遣りが大変だしよ。

ウチのイチゴは擁壁ブロックに引っ掛けてんだげんちょ、ちっけえ壁掛けタイプのプランターだから特に水切れすんのが早え。
そのくせイチゴは常に水を欲しがる。
冬は雪積もってっから水遣りしねえげんちょ、春・夏・秋と水遣りしなきゃいけない。
特に夏は一日二回やらないとヘタっちまう。


ぬぁ~~~~!!かったりぃ~~~!!


一応ムスコに水遣りは任せてっけどこれがセンスねくてよ。
『鉢から溢れるまで水をやれい!』と何回言っても『サラッ』と湿る程度にしかやらない。
そのくせして雨の日でも水遣りをしようとするナンセンスっぷり。



水遣りの手間を省くためにもさっさと庭土入れ替えて地植えにしたいとこだが、放射性物質中間貯蔵施設が完成しないことには、削った土の持ってく先がない。。。



しかし中間貯蔵施設は未だ建設場所すら決まってない。。。。



うーむ。。。。





。。。。。えっ!?まさかずっとこのまま!?

団塊のクズどもが牛耳る今のご時世、充分あり得るな。。。。

。。。。。
。。。。
。。。


。。。ええい!!
団塊がクズなのは今に始まったこっちゃねえっ!!

プランターがちっちぇくて水切れすんだったら、デッケエプランターにすりゃいいんだよ!
んでも壁掛けでデッケエプランターなんて見たことない。。。。



なんて思いながらホームセンター物色してたら【プランターハンガー】なるアイテムを発見!
なになに?14リットルプランターを壁に掛けられるだと?
まさにオレが求めていた商品じゃねえか。
スチール製のカゴにプランターを入れ、フェンスに引っかけるんだな?こりゃあいいや。

値段は。。。。。1つ800円くらい。


簡単な作りのクセしやがっていい値段しやがるな。
まぁでも今のオレには必要なモノだ。
14リットルのプランターも買わにゃならんから、4つ買ったら四千円以上の出費か。

えらい高い買い物だな。
スーパーでイチゴ買った方が安いわ。

そう思いながらもプランター&プランターハンガー×4を購入。
使う用土はブルーベリー用に買ったマレーシア産のココピートが余ってっからコレでいいや。
買い物さえ終わっちまえば、プランターにココピートぶっこんで壁に掛けるだけの簡単なお仕事。


最後に伸びまくったカレンベリーのランナーをヘアピンで留めていけば完成!!




いやー。カネ掛かったわ~。

ずいぶんとコストパフォーマンスの悪いイチゴになりそうだげんちょ、イチゴは花もかわいいし、まぁいいかな。
スポンサーサイト

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

つよし

Author:つよし
福島県郡山市に住むフツーの会社員。
小さな庭で現在孤軍奮闘中。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。