スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの白蟻ノーガード

わげんとこのエクステリア。庭土入れ替え後はレンガメインで進行中。
重いし高いし造んのもカッたりーレンガだが、アレもコレもレンガで造ってんのにはわけがあってな。

理由はまぁシロアリだ。

っつーのも以前は花壇の仕切りに半割れの木杭を針金で連結した【連杭】ってのを使ってたんだが、庭土入れ替え前の整理で連杭引っこ抜ていたらなにやら白い物体。。。


『キリタンポ??。いや、んなわきゃねーわ。カビか???。。。。。。。。!!!!!!ホンギャアアァァァァァッッッ!!!!!!

シロアリがワンサカたかってんじゃねーかっっっ!!!!!


ド外道が~!!!オレは細けえのがでえっ嫌えなんだ!!!!
地獄へ落ちろ~~~っっっっ!!!!!

。。。。。。。。
。。。。。。
。。。。

。。。はぁ~~~。。。久しぶりに焦ったわ~。。。。。
シロアリが庭にいんのはしゃーねーげっちょ、家食われんのはマジカンベン。

シロアリは目ぇ見えねえから、近くにあるモンかじって食えそうだったら食い進むっつー生き物。だから数メートル離れてりゃあなんら問題ないわけなんだが、ウチの花壇は花壇とは名ばかりの【建物基礎とブロックのスキマ】だがんな。
当然建物と間仕切りの連杭は接してるわけだからシロアリとの距離はゼロ!
シロアリ被害とか出てねえだろうな?


まぁ東北地方のシロアリなんざヤマトシロアリっつーたいしたことねーヤツだから必要以上に神経質に考えねくていんだけどな。
ウチはベタ基礎だからシロアリの蟻道もすぐにわかるし。


。。。ってちょっと待てい!!!
ウチの建物は外張り断熱工法とかいうわけのわからん建築工法だぞ?
信頼と実績の在来工法と違って、言っちゃなんだが怪しさ満点のミステリー工法!!!

ハウスメーカー巡りしてた当時、奥さんのツテで訪れた地元の工務店さんが
『ウチのウリは外張り断熱です!冬は暖かく、夏は涼しい!まさに理想の住宅です!在来工法なんて子供騙し!あんな古臭い建築工法で家建てたら失敗しますよ!』
ってな具合でゴリゴリ押してきて、もう胡散臭えのなんのって。。。
いや、詐欺とかそういう怪しさじゃねーぜ?
なんつーか、日本の風土に合わせて進化してきた在来工法をボロクソに言ってる時点で信用出来ん!邪馬台国から数えて1800年!縄文時代から数えたら16500年に及ぶ日本の歴史をなんだと思ってやがんだ!!!
だもんで最初は
『こんなトコで家なんか建てられっかバーロー!!』
って感じだった。

その後紆余曲折を得て、結局そこで建てることになったんだが、まー色々と苦労したわい。
ちなみに宣伝文句通り【冬は暖かく、夏は涼しい】のは間違いないぞ。
実際オレんちエアコンねーげっちょ快適に過ごせてるしよ。

さておき、外張り断熱の家に住んでて快適に過ごしてるオレが、何故怪しさ満点と言い放つのか?!

それはやっぱし【信頼も実績もなく経年劣化の程度が読めない】から。
現在建築とは無縁の仕事に就いてはいるが、工業高校の建築科出身なんで一応最低限の知識はある。
素人に毛が生えた程度の知識だが、それゆえか気になる点がいくつもあった。
特に気になったのが建物基礎。
外張り断熱って名前だから、柱や梁の外側に断熱材が来るのはわかんだげっちょ、まさかの基礎コンクリ外側にウレタン断熱材!!!

見た瞬間『オイッ!うそだろ?!』と思って工務店さんに
『あんなんムシにかじられっちまーばい!どーすんの?!』
って聞いたら
『ウレタンだからムシは食べないですよ~。』
だそうな。

。。。。ウソクセエ!!!

アリは地面に穴掘って生活してっけど、別に地面をエサにしてるわけじゃねーだろ?!
ぜってー怪しいぞコレ!!!!!!

と思いはしたが、建物の9割が完成してるし、今更どうしようもない。
これが在来工法でおかしな事やってるっつーんなら文句も言えっけんじょ、なにせ【未知の建築工法】
コレで正しいっつわっちゃらなんともなんねんだわい。

その後、表面に化粧モルタル塗って完成となったが、地中はウレタン剥きだし。
いずれムシの住家になっちまーんだろーなー。。。。


なんて思っとったが、シロアリ相手じゃ住家どころのハナシじゃねーわ!!

そもそもウレタンの表面にモルタル薄く塗ってっからどんなにウレタンを食わっちでも化粧モルタルで気付かねーし、基礎の上に載ってる根太の外側にはまたウレタン。
普通は根太と外壁の隙間がねーから、根太が食い尽くされてボロボロになんねー限り他に被害は出ない。んが!根太に気付かずウレタン食い進めて行がっちゃら家全体に被害が及ぶぞ!?
 

うわっ!マジかよ!完全に欠陥住宅じゃねーか!!!

ヤベー。なにかしら対策とんねっか。。。


とりあえずシロアリは土んなかに住んでて木材食っててもそこに住んでるわけじゃねーから、庭土入れ替えすりゃーシロアリはそこで一旦リセットされるはず。
持ってきた庭土にシロアリがいる可能性はもちろんあるが基本どこにでもシロアリはいるし、
寒くなるとシロアリは活動しなくなるっていうから庭土入れ替えすりゃーしばらく時間稼げっぺ。

よし。シロアリ対策は来年からだな。


ってなもんで翌年五月。シロアリ業者さんに点検を依頼することに。
んでも正直なとこ、シロアリ駆除業者ってインチキ業者なイメージあっぱい?ニュースとかでも取り上げらっちっげんちょ、ムシ持参で床下潜って『大変ですよご主人!床下はボロボロでムシだらけ!アレもコレもやらなきゃ家倒れちゃいますよ!』ってな感じで。
あーゆーイメージあっから業者選びは慎重にしねっかなー。と思ってたんだが、知り合いのツテで紹介してもらえたわい。

んで、見てもらったところ被害らしい被害はなかった。
まぁ根太と外壁の隙間をグルっと一周見ただけだから確実とは言えねーけどな。細かく見るには地面掘るっかねーみてえ。
予防策としては床下と家の周りの土壌に殺虫剤を撒くのがいいらしい。
確かに床下でとめらんねーんだから、家の近くに来たら殺すようにするっかねーわな。
価格はおよそ20万円。効果はおよそ5年程度だから年間4万円か。。。。

ええいしゃーあんめえ!家を守るためだ!やるっかねーわい!
問題はいつやっかだな。
いますぐやっちーとこだげんちょヨメがカネカネうっちゃしーし、寒くなってからやんのもなんか無駄だし、来年でいっかなー。幸い被害なしってことだったし。。。


ん~~~~~~~。。。。。。

よし!来年にすっぱい!


さておきなんじゃこの玄関脇のアナポコは。アリの巣にしちゃ穴でっけーげんちも。。。
おっ?ダンゴムシ。
へー。ダンゴムシの巣だったんか。まぁ穴のサイズからして納得。。。。。

。。。ってちょっと待て~~いっっっっ!!!!
ダンゴムシは巣穴なんか掘らねーよ!!!!巣をもたねーんだから。

って事は。。。ナニコレ?

試しに掘ってみる。。。
以外と深いな。。。


。。。??。ままつぶ。??。。。。!!!!!!!!!!!!!!!!


シロアリのエサ場じゃねーか!!!!!!!!

どうやら庭土に木の皮が混じってたみたいで、ものっそい数のシロアリがワッサーって。。。

ダメだダメだ!!来年なんて待ってられっか!!
いますぐやらにゃ家ぼっこされっちまーわ!!


って事で業者さんに即連絡。再度詳しく説明してもらう事にした。

さて。ここで気になるのは薬害。
シロアリ駆除に使う薬剤ってとんでもねえ毒性の強いイメージがあっからここはしっかりとハナシをせねばなるまい。
まず人体への影響は許さん!ウチは子供がちっこいし、ヨメも呼吸器官が弱いし、オレも気分的にイヤだし、安全であることは絶対条件で。

っつーか、安全な薬剤はあるはずなんだ。ゴキブリ退治でお馴染みのホウ酸なんかは昆虫には猛毒だけど哺乳類には全く効かないし、駆除対象であるシロアリは日光に当たっただけで死んじまうほど弱いしよ。
オレがシロアリ駆除剤=猛毒だっつーイメージを抱いてんのは、おそらくハヤシマスミよろしく【毒物カレー混入事件】に使わっちゃ毒物がシロアリ駆除剤の砒素だったってーのが原因だべな。
あんときはニュースで砒素の毒性を散々放送してたがんな。
おかげで【シロアリ駆除=砒素=猛毒】って固定観念ができちまったわい。
完全な先入観だけどな。

何にしても安全第一!さらに言うなら自然由来だから安全とかの胡散臭え謳い文句も許さん!
っつーのもオレの考えとしては【自然のモノ=自然のモノ】。【安全なモノ=安全なモノ】。このふたつはそれぞれ独立していて決してイコールでない。
自然のモノも化学のモノも、安全なモノは安全であり、危険なモノは危険である。
コレがオレの基本スタンス。

なんでもし駆除業者が『自然の植物から抽出した天然成分由来の薬剤なんで安全です!』とか言って来たら『植物もアルカロイドなどの危険な成分を多量に含んでるがなぜ植物だから安全といえるのか。燃やしても毒性の残る植物もあり死亡例も後を絶たないがそれでも安全とする根拠はなんなのか。植物由来というがそもそも何の植物から抽出したというのか。』と、メンドクセエ顧客モードに突入するつもりでいた。
 
が、結果としては完全な化学薬品。無脊椎動物には効くが脊椎動物には効かない。ついでに言うなら臭いもないという正々堂々納得の安全説明だった。


よし!ここにお願いすっぱい!!ってなもんで正式にお願いしたら予定より5万円ほど高い見積りが出てきたが、作業行程も納得のいくもんだったしその金額でまぁいいや!気持ちよく仕事してもらーばい。


作業内容はまず床下への薬剤散布。コレは完全に予防だな。ベタ基礎だからヒビでも入ってねー限り無駄な気もすっけんじょ、普段見ない部分だしコレはコレで必要かな。

次に玄関や一部コンクリ舗装面への加圧注入。
これは基礎と一体化してない部分だから防ぐのが難しいらしい。なんでドリルで穴開けして薬剤を加圧注入するようだ。
正直『そこまでしなくても。。。』なんて思ったが、実際に玄関のシロアリ被害はかなり多いみたい。
まぁ穴っつっても直径5ミリ程度だし、最後埋めっちまーがらわかんねぐなんだけどな。


最後に住宅の基礎周りグルっと掘っての薬剤散布。散布っつっても泡状の薬剤ビダビダにブッ込むから相当効果はありそうだ。


ちなみにウレタンは食われまくっとった。

こんなカンジでシロアリの通った穴が大量にあった。
根太んとこまで達してる箇所もあったからあぶなかったわい。

そんな具合で作業終了!天候にも恵まれ一日で終わったわい。
25万円は安かねー出費だげんちょ、コレで安心して暮らせんなら納得だわ~。
シロアリだけでねぐダンゴムシだのゲジゲジだのも湧いてこねーし快適よのう。


おっ。キリギリスがいるぞ。キリギリスは肉食だから害虫食ってくれっかな~。


チーン。


おっ。狩りバチだ。畑のアオムシ退治してくれっといいな~。


チーン。


。。。。。。
。。。。
。。


うわぁぁあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!

なんか怖えよっ!!!!!

スポンサーサイト

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

つよし

Author:つよし
福島県郡山市に住むフツーの会社員。
小さな庭で現在孤軍奮闘中。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。