スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車小屋作ったった

みんなは自転車ってどこに停めてる?
オレはずっと雨ざらしがフツーだと思ってたんだげんちょ、意外とそうでもないらしい。
ウチのご近所さんを見てみっと、カーポートの片隅に停めてたり、サイクルハウスに入っちだり、物置に毎回しまってたりと、雨ざらしって少数派みたい。


そんな自転車小屋だが、実はウチにもあったりする。
妻方の母がサイクルハウスっつードーム型の自転車小屋をプレゼントしてくっちゃんだげっちょ、なんでプレゼントしてくっちゃがは忘っちゃ。
たしか息子の誕生日にオレの両親が自転車をプレゼントしたから、それに合わせて自転車小屋をプレゼントしてくれたような気がする。

このサイクルハウス。よく見かける銀色の耐熱シート製で、砂利敷き駐車場に鉄筋アンカーペグで留めるだけの簡単施工でかなり頑丈だった。

まぁ頑丈っつっても施工がいい加減なうえ入り口を常に閉めないという間違った使い方をしてたから【強風が吹く → 入り口から風が入る → 空気の逃げ場がなく小屋が暴れる → 骨組みが折れる】って流れでボロボロだったんだげんちょな。

その後、砂利敷き駐輪場にアンカーボルト埋めてキッチリ施工し直しグラつきをなくしたり、耐熱シートに丸く穴空けて空気の逃げ場作ったり、折っちゃ骨組みを金属プレートで補修したりと、今にして思えばオレのモノヅクリ生活の始まりだったかもしれん。

そんなサイクルハウスだが、駐車場が砂利敷きからコンクリートになった2013年の夏にお役御免となった。使用期間は5年くらい。ボロボロだったけどあと5年は使えたんじゃなかろーか。


で、だ。コンクリート舗装となった我が家の駐車場だが、妻としてはここにサイクルポートが欲しいらしい。
前と同じサイクルハウスが!!と言わないのは、やはりコンクリートにしたことで気軽にアンカーを打てなくなったからだろう。見た目もげっちーしな。

んが!!サイクルポートは高すぎる!!や、あったらあったで便利なのはわかってんよ?
んでもチャリが4台停められるサイクルポートってスッゲー高えっ!!!!!
需要がないからそんだけ高いんだろうけど、ちょろっと屋根がついただけで10万円オーバーとかコスパ悪すぎっぱい!!

あと10年もしたら子供らも自転車に乗らなくなるだろうし、撤去すんのに高額な費用が掛かるだろうし、結果として10年後には使わないサイクルポートが駐車場に残るってところまで未来が見える!!

だったらもっと簡素なやつでいいんでねえの?
たとえば。。。。。。。コレ!!!



アイリスオーヤマのサイクルガレージ!!!
コレよくない?組み立ても撤去も簡単そうだし、価格もお手頃7100円也!!
コレふたつ買ってブロックかなんかで固定すりゃいいんでねえかなぁ。
壊れたとしても2セットで14100円だし、10年間毎年買い直してもサイクルポートとほぼ同額。2年持もてば半額。3年もてば。。。。


よし!コレでいってみっぱい!!!
いろいろ話したところ妻も納得してくれたのでネット通販でサイクルガレージをふたつ購入!!
重しは。。。60mmのU字溝がピッタリだったわ。
ちょっと高いけど60mmU字溝(700円)を4つ。120mmU字溝(1400円)を2つ購入。

サイクルガレージをふたつ背中合わせに置いて。。。。各脚をU字溝で固定!
隙間にウレタンを詰めてガタツキを無くしたら施工完成!!!
なんて簡単な。。。。

ちなみにこのサイクルガレージ。屋根が跳ね上がる仕組みになってて自転車が入れやすいという親切設計!!
やるな!アイリスオーヤマ!!

施工して翌日。。。。台風直撃!!!!!跳ね上げ式の屋根が暴れまくりで崩壊寸前!!
マジかよアイリスオーヤマァァァァァっっっつつつ!!!!!!!! 

とりあえずビニールロープで屋根と脚を固定して強風をしのぐ。。。。。

。。。。。。。。な、なんとか壊れんかった。。。。。。。。

その後、解決策として屋根と脚をロープで固定。一応カラビナを付けて簡単に外せるようにして完成!なんだかんだあったげんちょコレで強風対策もバッチリよ!!!

その一ヶ月後。。。。再び台風直撃!!!!!リフトアップからのシュミット式バックブリーカーでU字溝完全粉砕!!!
ウソだろアイリスオーヤマァァァァァっっっつつつ!!!!!!!! 

。。。。。。。。み、みっつもぼっこっちゃ。。。。。。。。

その後、U字溝を買い直しシリコンシーラントで地面に接着。今度こそコレで強風対策はバッチリよ!!!


季節は変わり2014年冬。。。。大雪によりサイクルガレージ崩壊!!!
なんじゃそりゃアイリスオーヤマァァァァァぁぁぁぁあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

。。。。。。。。し、支柱折っきっちゃ。。。。。。。。

その後、アイリスオーヤマに支柱を発注。ホームセンターのイレクターとやらでなんとか直るかと思いきやパイプ径が合わんかった。


そして2015年2月。。。。雪の重さでジョイント破損!!!
いい加減にしろアイリスオーヤマァァァァァぁぁぁぁあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!
コレ以上かまってられっか!!!こんなんにカネも時間もとられんだったらイチから作っちゃるわ!!!
っつーことでサイクルガレージは撤去!安くて丈夫な自転車小屋を作っちゃるでよ!!!


さて。新たに自転車小屋を作るにあたって、部材は何を使うべか?
ホームセンターだと【イレクター】ってのを奨めているが、アイリスオーヤマのサイクルガレージもイレクターみたいなもんだったし、強度の点で不採用だな。
木材で作るってのもいいが、屋外使用の木材はマジで高え。オシャレなのはわかんだげんちも費用の面で不採用。

残る部材は。。。。単管パイプだな。
建設現場の足場に使わっちるだけあって強度の点では折り紙付き。耐久性もメッキ処理がぶ厚いから問題なし。多少は錆びるだろうけど、強度に影響するほどじゃねーだろう。 
費用の面でもメートル当たり約400円と凄まじく安い!さすが大量生産品!!施工に使うジョイントパーツも豊富だし、見た目が悪いってこと以外パーフェクト!!!

よし!コレで作っちゃろう!!!

まず単管パイプ。
2.5m×3本。
2.0m×2本。
1.5m×6本。
コレでおよそ11000円!安い!!


次にジョイントパーツ。これは悩んだ。
安くて丈夫なクランプにすべきか、見た目のいい【かんたくん】にすべきか。。。。
クランプはげっちーげんちょ一個150円。こんだけしっかりとした金属パーツが150円とかお買い得すぎねーか?!
一方、ジョイント工業のかんたくんは一個700円~。価格差は4倍以上!!
んー。安くて丈夫な自転車小屋を目指してんだから使う部材はクランプにすべきなんだげっちょ、クランプは見た目があまりにも工事現場すぎる!!

ここは価格計算して見よう。

まず直交クランプ!これで組んだ場合14個必要だから単純計算で2100円!やっすう!

一方かんたくん!これで組んだ場合、三方出し(一個700円)が6個。4方出し(一個900円)が4個。合計7800円!

あれ?そんなに高くねえぞ?いや、クランプに比べればダンチだげっちょ、そんなにいっぱい使うわけでねーからデカイ金額になんねんだわ。
だったらかんたくんにすっぺよ!!
あんまゲッチーと悲しくなっちまーし、クランプはクランプでカバーだのなんだので保護すっと結局そこそこの金額になっちまーがんな!


ちなみに【かんたくん】はネットで直販してっから、たくさん買うならそっちで買った方が2割くらい安く買えっつぉ!
オレは防滴傘リング(一個81円)っつージョイント部の雨水侵入防止ゴムが欲しかったから直販にした。コレがホームセンターだとどこにも売ってねんだわ。
合計およそ9000円!一万円以上で送料無料になっから余計な部材も買ったった。


あとは垂木と波板だな。
波板はポリカーボネートの6尺が5枚で3000円。コレはポリカ一択!!塩ビだのガルバリウムだのあるが耐久性耐候性加工性その他色々考えたらポリカ以外にありえん!

垂木は杉材だと一本200円くらいか?んでも屋外だし、ヘグったりすんだろーからココは高価なレッドシダーを使っちゃろう!
コレが一本750円×9本で6750円!んが!!送料が1900円もすっから8650円!!!
たけえ!!!!
杉材だったら1800円なのにレッドシダーってだけで8650円!!!

こ、これはさすがに。。。杉材でいいんでなかろーか。。。。

いや、買ってから思ったんだけどさ。。。。。


こうしてあれもこれも高価な部材を使って、諸経費込みでおよそ38000円くらいか?
以外と高え。。。
ジョイント&垂木を安く済ましてれば。。。。多分25000円で上がったな。。。。。せめてレッドシダーをやめておけば。。。。。。


まあいいさ。5割増し分は仕上がりの良さで返してもらうとしよう。



材料も揃ったし施工開始!!
まずは2.5m単管パイプを切って2.2mにする。コレが小屋幅の基準。切んのは一本だけだから対した手間でもない。グラインダーであっちゅー間。

次に単管パイプで骨子を組むんだが、コレが一人だと組めねー組めねー!
かんたくんが差し込み式のジョイントパーツだってのが大きな原因で、仮組みの最中にパイプが回転して倒れっちまーんだわ。
自立すっとこまでもってければあとは余裕なんだが、そこに至るまでがアブネーアブネー。
オレに向かって倒れて来たりもしたから下手すりゃ事故になってたかもしれんし、ひとりでやるならヘルメットくらい必要だったわ。

んで、仮組みが完了したら歪みを修正しつつ脚位置を確認。
そこにガーデンキューブ(一個158円)っつー園芸用ブロックをシリコンシーラントで固定!
シリコンシーラントで固定ってのはちっと抵抗あっけんじょ、撤去すっときのためアンカーボルトは打ちたくねーし、コンクリートの固定にもシーリング材は使わっちっから問題ないとは思う。様子見てダメならアンカーボルト打ち直すしよ。
シリコンシーラントがある程度固まったら支柱の脚をガーデンキューブの中に入れ、水平になるよう根太パイプの下にレンガやら板材を入れて持ち上げ脚の高さを調整。
水平になったらガーデンキューブにモルタルを流し込んで支柱と固定して構造体の完成!!!



次に垂木の準備だが、垂木の長さが1820mmで波板の長さも1820mmだからそのまんまだとピッタリ過ぎて雨に当たっちまう。
なのでちょろっとカット。カットは職人による手作業!!さすが職人は違うぜ! 



あとは防腐剤を塗って。。。。と。

続いては屋根張り!
垂木止めクランプ(一個150円)で垂木を固定して等間隔に配置。屋根幅が250cmで垂木が9本だから、植木算でおよそ31cm間隔!!
あとは波板を張るだけじゃ~!!!

んが!!ここでアクシデント発生!!
今回は勾配の関係上、波板を縦に張るわけだが、波板張りってのは波板の両端2~4山のポイントで垂木に傘釘で固定していくわけよ。もちろん両端だけだと間隔が空きすぎっちまーからその中間にも垂木入っち固定すっけんじょ、両端を固定するってのは大前提。
そんで波板ってのは2~4山重ねて継ぎ足していくわけだから、継ぎ足し部分イコール両端ってことになる。

んーがっっつ!!!!!!

31cm間隔前提だと波板の継ぎ足しポイントと全く噛み合わねーでやんの!!!

ここで熟考していれば波板の両端&継ぎ足し部分に垂木をずらして固定。その後、中間に垂木ずらして固定。で、事なきを得ていたわけよ。垂木止めクランプなんだからなんぼでも動かせんだし。


しかーし!!!!!!!

なぜか波板切り始めるオレ。。。。。
疲れてたんだ。。。。



二枚目を張ろうとしたころどうやってツジツマ合わせっか悩み始めたが時すでに遅し。波板はやり直しが利かねんだ。穴空けたらそこに釘打っていかねっか雨水が入ってきっちまーがんな。


仕方ないので両端から等間隔で進めていって、真ん中でツジツマを合わせることにしたが、垂木の本数足んねくて一カ所だけダランダラン。。。。。。


。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。
。。。。。

。。。。。もう一本追加すっか。。。。。。


ってことで急遽垂木一本追加。万が一に備えて一本余分に頼んどいて良かった。。。。



最後に根太パイプがタイヤにぶつかんねーように調整して。。。。。。。。と




なんだかんだあったがとにかく完成!!!!!!

すげえっ!!!プロの仕上がりじゃねーの!!!



※※※※ 後日談として、庭にアンカー埋めてチェーンで繋いどいた。
なにせ脚の固定がシリコンシーラントだかんな。どんだけガッチリ接着してても心配は拭いきれん。台風でひっぱがっちも被害が広がらんよう、苦肉の安全策ってやつだわい。




スポンサーサイト

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

つよし

Author:つよし
福島県郡山市に住むフツーの会社員。
小さな庭で現在孤軍奮闘中。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。