スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色づく樹

ウチの団地の街路樹は秋に色づくものが多い。
マルバノキ、ナナカマド、ハナミズキ、アメリカハナノキ‥‥‥

色づかないのはサルスベリくらい(サルスベリもホントは色づくんだが、病気がヒドくてわからんのだよ)で、あとはすべて紅葉する。

そんな団地なので、オレは庭にモミジを植えようとは思わなかった。


が、奥さんはどうしてもモミジを植えたいんだそうだ。

うーむ。正直モミジはいらんぞ。街路樹もそうだが、近所でも庭木として植えられまくってるし。

オレとしてはカキとかサンショウとか、有用な樹を植えたいんだが『食べ物ばっかり植えてイヤしい!』と言われてしまった。

確かに食べ物ばかりだが、オレとしては庭木も家庭菜園のひとつだからなぁ。

しかしオレだけの庭じゃないのも事実!
オレの小遣いで苗木を買わなきゃいけないってのは気に入らないが、そこには目を瞑ってやろう。

そんな理由でオレはモミジを購入することとなった。



ご近所さんのモミジは春から赤い品種が多いな。
紅葉イコール秋ってわけじゃあないようだ。

しかし、春や夏に赤いモミジは目立つんだが、ちょっと目立ちすぎる嫌いがある。
周りの木々との調和を考えると、難しい種類だなと思った。


とりあえずオレはホームセンターに行き、どんな品種があるか調べてみた。
オレの持ってる園芸書には、モミジは詳しく書かれていないからな。
商品タグの説明文が頼りだ。
説明文だと【桂】ってのがウチにあってるかな。
春の芽出しは橙色に赤の縁取り。そのあと黄色。夏には緑色と色彩豊かだ。
他に【野村】【出猩々】なんかもおいていたが、これらは近所に植わっている『春から赤いモミジ』だ。
【サンゴカク】ってのがあったが、これは名前の紙が枝に巻いてあるだけで説明文がなく不明。

仕事中に寄り道しただけなので購入はしなかったが、ほぼ桂で決まりだろう。
あちこち探すのもめんどくさいしな。

その後、なぞの品種サンゴカクをネットで調べてみると、サンゴカクは【珊瑚閣】と書くらしい。
冬に枝が赤く色づき、まるで珊瑚に見えるからだと。
春の芽出しは黄色に赤の縁取りが入り、そのあと黄緑色→緑色と変化。秋には薄ら赤い黄色となると、桂より柔らかい色合いで良さげじゃねーか。

後日オレはサンゴカクを購入した。

2009年の春。モミジを植え付け地上10センチくらいのところでカット。
オレの背丈くらいあった苗木だから、もったいないとも思ったが、こうすることで新しい枝が分岐して伸び、キレイな樹型になるんだそうだ。


だが2009年は記録的な長雨でな。
枝がチョロっと伸びた程度で全然成長しねーんだ。
しかも快晴になった途端、葉っぱ全部散らして終了モード。
なんじゃそりゃ!


翌年の春に芽を出しただけザクロよりはマシかな。
ザクロは枯れちまったし。

今年は今年で猛暑続きでやっぱりあまり成長しない。

購入当時、オレの背丈くらいあった樹は、今ようやく膝の高さ程度だ。


オレの背丈を越えるのは、いったいいつになるんだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://iceblade11heart.blog133.fc2.com/tb.php/10-14da303d

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

つよし

Author:つよし
福島県郡山市に住むフツーの会社員。
小さな庭で現在孤軍奮闘中。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。