スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは!

ユスラウメは春以外の楽しみがない。
花が咲くのは初春だし、実がなるのは晩春(初夏?)だ。

紅葉するわけでもないし、枝振りが生えるわけでもない。
葉っぱもボヘボヘで見映えしないし、ホント存在感がない。


そんなユスラウメに事件が!!




ザ!モズのはやにえ!


初めて見たわ~~。


ちょっち感動。


しっかしウチの辺りにもモズっているんだなー。




と思って野鳥の本で調べてみたら、こないだスズメの群れに混じってた【オレンジ色のスズメ】がモズだったwwww

なんでスズメと仲良く地べたで虫食ってんだよ!!!


これぞ家庭果樹

オレの持ってる園芸書で、もっともオススメしている家庭果樹がある。
それがユスラウメ!

この樹は春にきれいな花を咲かせ、6月にサクランボのような実をつけるんだそうな。
大きさも2メートル程度までしか育たず、病害虫もほとんどつかない、まさに理想の家庭果樹だ。


こりゃあいいわい。
オレはさっそく園芸店でユスラウメを2本買って来て植え付けた。
2008年4月のことだ。

オレはこれまでアサガオすら育てたことがないため、このユスラウメが人生初となる園芸記念樹である。


最初はとにかくモノを知らなくてな。
若い木に花を咲かせちゃダメだってんで、蕾を全部むしってしまい、その年は花を見れなかった。

花が咲いたのは翌年だな。
小さい樹いっぱいに白い花を咲かせ、ガクがほんのり赤いせいかサクラっぽく見えた。
実際近所のオバチャンはサクラと勘違いして声を掛けてきたし。


「季節の花 300」 http://www.hana300.com

サクラはデカくて植えられないけど、これならウチにピッタリだ。
サクラの盆栽みたいな感覚だな。

6月にはサクランボみたいな実がなるってことだが、これには期待しないでおく。
果樹は収穫まで植え付け3年とか聴いたことがあるからな。
植え付け2年目じゃ‥‥





大・収・穫・じゃ~~~~っ!!

「季節の花 300」 http://www.hana300.com

成りすぎて枝がたわみまくっちょるわ!
果物ってなりすぎると自然落果とかで、ある程度の数まで減っちまうんじゃねーの?
ユスラウメは当てはまらないのか?
なんにしても、咲いた花すべてが結実したんじゃないかという状態だ。
食ってみると確かにサクランボの味がする。
もちろんサクランボほどうまいわけじゃないけどさ。
甘味も酸味もだいぶ薄い。わずかながら渋味もあるから野生に近いんだろうな。グミみたいなかんじか?
果肉も少ないからこりゃ栽培品種には成り得ないな。

しかし、家庭で食うには十分な味だ。子供たちも喜んで食う。


これは植えて正解だった。


しかし欠点がないわけでもない。
それは育ちが遅いってこと。
大きくならないってのは嬉しいが、育ちが悪いってのとは別の話だ。
オレはある程度育つのを見越して、東側のブロック沿いに2本植えた。
が、育ちを考慮し直すと、もう1本必要ってことになる。

うーん。2本は遮根ポットに入れて植え付けたから移動するのは簡単だ。引っ込抜かずにポットごと動かせるし。
苗木も安い。結構な大きさでも800円くらいだし、近くの園芸店で買えるから送料もかからない。


しかし問題はオレの体力だ。
土の入ってるポットは重い!オレひとりで動かせるのか微妙だった。


そんな時、ちょっと遠くの園芸店に立ち寄ると、紅花ユスラウメが売られていた。
コレは欲しい!!
値段も1800円と、普通のユスラウメより高いが、なんとしてでも欲しい品種だ。
モモみたいに濃いめのピンク色の花が咲くコイツは、存在だけは知っていた。
が、その辺では売っておらず、通販でもなきゃ手に入らないと思っていた。
それがこんなところに!


オレは当然のように紅花ユスラウメを購入。

植え付けはなんとかなるだろう。



後日、オレはシャベルを持って庭と格闘していた。
遮根ポットのまわり全面をぐるりと掘りおこす。こうすればポットを持ち上げることなく、ズリズリと引きずることが可能になる。
めんどくさいが『ズラす』作戦で乗り切ろうと考えたのだ。

この作戦は見事成功し、2本の真ん中にスペースを空けることができた。
しかしオレは掘り下げミッションを完遂したころ、すでに体力が尽きていてだな。
植え付け作業のころには完全な亡者となっていた。
なんとか山砂に堆肥を混ぜ、植え付け完了にこぎつけたが、かなりいい加減だった。


翌年2010年4月。
白花、赤花ともキレイに咲いたが、赤花の育ちの悪さは尋常ではなかった。

去年の植え付け時より小さくなってる気すらする。
いや、あり得ないけどさ。
しかし葉っぱが枯れてるとことかあるしなぁ。

少し土を見てみると、山砂の粒子がデカ過ぎて水捌けが異常によい。
っつーか保水性ゼロ。

植え付け用土がテキトー過ぎたんだな‥‥‥


仕方ない。ちょっと危険だが用土を入れ替えるとしよう。
オレはポットにシャベルをブッ込み、紅花ユスラウメを引っ込抜いた。
うっ。粒子の粗い山砂っつーか、ちょっとした小石の集まりじゃんよ。オレ、よくこんなんに植え付けしたな‥‥

などと思ったが、せっせと用土を入れ替えていく。

今度は市販の培養土だから保水性は問題ないだろう。
ちょっと樹が弱りまくってるから、生き残れるか微妙だが‥‥‥



それから2ヶ月後、紅花ユスラウメは天に召された。

やっぱりかよォォォォォォォォォっ!!!!


なんでオレは肝心要の植え付けで手ェ抜いてんだよ!
アホか!
つーかオレの体力がなさすぎなんだよ!
病人か!




などと自己嫌悪に陥ってても意味がない。

結局オレは、もう一度園芸店に1800円払ったのであった。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

つよし

Author:つよし
福島県郡山市に住むフツーの会社員。
小さな庭で現在孤軍奮闘中。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。