スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

測定!

娘が通ってる幼稚園の理事長先生がウチの放射線量を測りに来てくれた!


結果としては・・・・・



屋内0.05~0.16マイクロシーベルト/h!


屋外0.10~0.44マイクロシーベルト/h!!!!!!!





うぉぉぉぉぉぉぉぉっっっっっっ!!!!!!!!!


すげぇっ!すげぇぞオレっ!


苦労して表土削った甲斐があった!!


ここで改めて思い知ったのは、削るということの効果の高さと、その際ミスを犯したところとの差だ。


キチンと削れたところは0.10~0.16まで低下しているのに対し、その土を一度バラまいたところ(当時は保管方法が思いつかなかったので端っこにバラまいていた)は0.26くらいあった。
バラまいたあと削りなおしたのに高い数字が出たということは、雨である程度浸透してしまったということ。
早めに削るということの重要性がハッキリと数字化されたわけだ。


削ってないところは0.44くらいだったが、これは玄関まわりの砂利敷いてるところとか。
まぁキリがないから一回だけ測ってやめた。


付近の道路や公園が0.6前後らしいので、おそらくウチもコレくらいなんだろうと思う。



家なんか売っぱらって青森あたりに引っ越すべきか、一時真剣に悩んだけど、郡山市は学校や幼稚園の表土削ったりしてくれてるし、子供の行動範囲はそんなに広くないから親が注意していけば・・・・・


なんにしても数字が出たことで安心できた!!
未来の子供達のためにも、今できることをやっていく!!!オレの信念がわずかながらも結果を出したぞ!!!


巨大な花壇出現!!

表土を削ったのはいいが、どうにも困った残土処分。

土建屋さんに持っていって貰おうと思ってたけど、郡山市の小中学校の表土も受け入れ先がなくて困ってるみたいだし、県か国が処理方法を示すまで処分できそうにねえなぁ・・・・・・



かといって見通し立つまで何年掛かるかわからないし、その間ずっとブルーシート掛けとくってのはヤダ。


・・・・・仕方ない・・・・・


花壇でも造っちまうか!



削った土砂は2トントラック一杯分くらい。


花壇とは言えないほど巨大なモンになりそうだが、造っちまえばそれなりに見れるだろ!



まず資材として、畑の仕切りにも使った『あぜ板』。
大量の土砂を収められるよう、高さ60センチのデカいヤツを11枚。

そしてあぜ板が倒れないよう固定する木杭。
これは埋めることを考慮して90センチ。



これらを使って巨大花壇の作成開始!



まず花壇の場所だが、駐車場の北側に決定だな。
南からの日光に対して障害物がないから日当たりバツグンだしよ。


欠点としては建物に近いので、なにが埋まってるかわからないということ。

排水升は目で確認できるから問題ないが、それ以外にも埋まってる可能性はある。

住宅団地ってのは各区画ごとに上下水道の引き込みやらガスの引き込みが埋まってるんもんなんだが、ウチは建物に一区画。庭と駐車場で一区画の合計二区画あってな。
たしか駐車場にも上下水道の引き込みが埋まってると聞いた記憶が・・・・



うろ覚えだから勘違いかも知れんが、慎重に作業を進めた方が良さそうだ。



計画としては、あぜ板6枚を使い『コ』の字型に枠を作る。一辺は土留めにくっ付けるから三辺でOK。
それだけだと簡単に倒壊してしまうので杭を打って外側に倒れないように補強する。
あとはロープを使ってそれぞれの角を結び、さらに上段に円形の枠を置いて2段重ねの花壇にする予定なんだが、こんだけデカイと予定通りにはいかねーだろうな。。。。。。。。。。。。


んでもやんなきゃずっとこのまんまだ。やるしかねえ!!


さっそく作業を始めたのはいいが、砂利だから全然シャベルが入っていかん!

さらに直径40センチくらいのコンクリートガラが埋まってたりして作業がさっぱり進みゃしねえ!

しかも地盤を固めるためにセメントを撒いてくれてたらしく、20センチくらいの厚さですっげえ固え地盤になってやがる!!


くっそおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!

土建屋さん、いい仕事してやがったわあああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!



シャベルじゃ効率が悪すぎるんでツルハシに持ちかえて作業再開。

中腰のままツルハシで砂利をほぐすようにして掘りすすめるから、腰に掛かる負担がハンパない!
さらに杭を打つ場所は30センチくらい掘らなきゃならないうえ、一辺あたり7ヵ所くらい打たないとあぜ板が安定しない!
リスクも高いし体力の消耗も激しい。


それでもやらなきゃ次に進めん!


花壇予定地に残土置いちまったから、それを退かしながらの作業。


マジしんどい!


体内被曝しまくり!


腕と腰が崩壊寸前!


慣れない土木作業にヘトヘトになりながらも、約1ヶ月掛けてついに完成!


で・・・でけえ・・・・・・






近所の人も畑と間違う大きさ&見た目。


土留めに付けた一辺は強度を考えロープを幾重にも通して倒れないように変更。




排水にはあぜ板前面に直径4ミリの穴を無数に空けて対応。

なにせ240平方センチあるからな。。。。色々補強したけどそれでも強度に問題が出るかもしれん。

まぁ樹でも植えて根を張らしてしまえば平気かもしれんし、様子見ながら手を加えていけばいいばい。


今回は土砂運びの大部分を奥さんにやって貰ったので、植える草花は奥さんに選ばしてあげようかな。

ヒマワリ

今フクシマではヒマワリが熱い!




っつーのもヒマワリには放射性セシウムを吸着する能力があって、放射能で汚染された土壌をキレイにしてくれるからなんだそーだ。
その放射性セシウムの除去率、なんと95%!!!!



すげえっ!なんてスゲーんだ!ヒマワリ!!!

ヒマワリなんてタネ取りさえ無視すれば年に2~3回育てられるぞ!
つーことは5月にタネ蒔いて7月初旬に刈り取り。これで95%除去!!!またタネ蒔いて9月頃刈り取り。これで残りのセシウムはほんのわずか!!!!!


ヒマワリのチカラを借りれば福島県はおろか世界が救える!
セシウムの半減期が何十年でも関係ないし、原発事故も恐るるに足らんわ!
なんつったって1~2年あればほとんどのセシウムは除去できちまうんだからな~~!!!




ってそんなウマいハナシあるけーっ!!!!!


もう完全なデマだわい。
そんな簡単に除去できんなら、ヨーロッパ諸国の放射線汚染問題なんざとっくに解決してっぺよ。


コレはアレだ。完全にファンタジーの世界だ。

夢があるの~。



なんて思ってたんだが、日本の科学者はマジにヒマワリで放射性セシウム除去する気だ。

農家の中にも今年は畑に作物植えるの諦めて、一面ヒマワリ畑にする人が出てるみたい。



効果・・・・・・あんのか?!


よっしゃ!!!オレも試してみっぱい!!!


幸いヒマワリのタネならすでに買ってある。

家庭菜園の畑に、コスモスとかヒマワリなんかの草丈の高い草花を植えるつもりでいたからな。



コスモスは昨年、道ばたで採取したタネがあるから問題なし。



それを畑に蒔きまくる!


息子もタネ蒔きたいとうっちゃしーので、ヒマワリは途中から息子にバトンタッチ。

ところが息子のヤロウ、20センチ間隔で蒔けと指示したのに、2センチ間隔で蒔きやがった・・・・・・


その後きちんと発芽はしたが、相当テキトーに蒔いたらしく、発芽してる場所の偏りがハンパねえ!




あちこち移植しなおさなきゃな。。。。。。。。。


表土削り完了

庭の表土もずいぶん削ったし、あとは原発の収束待ち。






削り取った状態でどのくらいの放射線量か調べたいところだが、土壌測定の依頼費用=5万円+α・・・・・・・・




東京電力で負担しろボケぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっっっ!!!!!!!!!!!!!




あんましカネ掛けんのヤダけど、原発収まったら家庭菜園のトマトとネギ、ホウレンソウあたりは検査してもらうかな。


一検体7千円くらいで調べてくれるみたいだし。

表土剥ぎ取り

死の灰が撒き散らされた我が家の庭。
気になるセシウムの土壌測定値は一番近い測定場所で1kg当たり875ベクレル!
他の地域が軒並み2500オーバーしているなかにあって、この数値はまさに奇跡!!!


土壌測定値は本来『平方メートル』で測定するわけだが、国が提示してきた測定値はなぜか『kg』!
はんっ!!くだらんゴマカシしおって。


えーっと。アメリカの研究者が飯館村のセシウム調査で『16万3000Bq/kgは、およそ800万Bq/m2と同等。』って言ってたな。

つーことは50倍すりゃぁ平方メートル換算になる!!!


875×50=43500!!つまりウチの庭は平方メートル当たり43500ベクレルってことか!!!


チェルノブイリ原発事故の強制退去区域が55万ベクレル/平方メートルだから12分の1以下!



ヨユーじゃねぇか!!

てっきり2分の1くらいだと思ってたぜ!


ちなみに沖縄県は平方メートル当たり4.8ベクレル!(なぜか沖縄は最初から平方メートル測定)。ここの1万分の1くらい。





まぁkg当たり5000ベクレル以下なら農作物OKって国が言ってるし、ウチの家庭菜園くらいヨユーだろ。家庭菜園だから収穫後に再測定できないけどさ。



えらい学者さんによるとセシウムは土の浅いところに留まるらしく、表土の5センチも削ればほとんど除去できるらしい。


ならば果樹近辺&畑の表土を削り取ればだいぶ違うはず!


よっしゃ!やってみっぱい!


さっそくシャベルとネコ車でひたすら表土を削り取る!

せっかく庭全体を覆いつつあるヒメイワダレソウを削り取るのは気が引けるが、そんなこと気にしてらんねーぜ。
どーせ来年には元通りだろうしよ。

削っててビビッたのがヒメイワダレソウの根っこ!
コイツの根っこが直径にして約1.5センチ!ゴボウと大差ねーぞ!


パッと見わからんかったけど、こんなエグイ根っこしてたんだなぁ。。。。





幸いクズの根っこみたいな繊維質じゃなかったから、勢いよくシャベルを滑らせていけばサクサク切れてくれたけどさ。


丸一日作業して、進んだ面積は庭の4分の1くらい。





残土処理とかのほうが大変だから、こりゃー時間掛かるわ。


最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

つよし

Author:つよし
福島県郡山市に住むフツーの会社員。
小さな庭で現在孤軍奮闘中。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。