スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっさり

ものは試しとヒメイワダレソウに化成肥料を与えてはみたが、結果はイマイチだった。
っつーのも、化成肥料を与えると草丈がヤケに高くなっちまうんだわ。



ボリュームが増してもカバー範囲に大差ないし、草丈が高い分、仕切りブロックだのを乗り越えやすくなっちまって、他の木々の邪魔になっちまった。


根が深く張ったところも草丈が高くなるらしく、植え込み近くは大抵モッサモサだな。
仕切りブロックや家の基礎近くはそれ以上横に広がれないんで上に伸びようとするから、そこもモッサモッサ。


いまんとこ管理上で困ることは少ないが、将来は芝刈り用バリカンとか必要になるかもしれんなぁ。

増殖・繁殖

ヒメイワダレソウの増殖力はすげえ!
10センチ程度のきれっぱしが、1年足らずで1メートル四方にまで広がったりする。


その広がった一角から移植ゴテで少し切り出し、空いてるスペースに移植すれば、またそこから1メートル四方に広がる。

タネで殖えない植物としては、異例の増殖力といえるだろう。

草丈があまり伸びない。というのもポイントだ。
上に伸びずに横に伸びるから、殖えた分だけ地表をカバーできるからな。

根付き力も強く、きれっぱしを地面に置いて踏んでおいても根付いたりする。

なので最近は移植ゴテを使わず、テキトーに引きちぎった茎を地面に半分ほど埋めておくだけ。
梅雨時にやれば水遣りも必要ないし、根付き率はほぼ100%。

度重なる踏圧にも耐えるし、かなり強い植物だ。






しかし腑に落ちない点もある。
凄まじい成長をみせる場所もあれば、1年以上経っているのにほとんど成長していない場所もあるんだ。


凄まじく成長するのは庭木がある辺りだ。きれっぱし数本が2ヶ月足らずでタタミ半畳分になる。



庭木周辺がよく成長しているのは、植え穴を深く掘ったことで根が深く張れるからだと思う。



もしくは定期的に化成肥料を与えているためかもしれん。
ウチは地表30センチが山砂で、それより下は粘土層だ。養分らしいものは一切ないし。


だが、ヒメイワダレソウに肥料を与えると、肥料焼けでガンガン枯れこむんだよな。


その後の回復力は凄まじいけどさ。


肥料を薄く撒いたら効果があるかも知れんな。

とりあえず成長の悪いところに化成肥料をパラパラと撒き様子をみることにした。
緩急をつけるためドカッと撒いたところも何ヶ所か用意。


急速に枯れこむヒメイワダレソウ。


さて。これからどうなるか。


結果はしばしお待ちあれ!

芝生の代わりに

芝生もいいけどめんどくさい。


芝刈りなんて続く気がしない。



そんなわけで選んだグランドカバーがコレ。



ヒメイワダレソウだ!


リッピアとか呼ばれたりもするコイツは、ガンガン伸びる繁殖力と、踏んでもめげないタフネスさを併せ持つ優れものだ。
草丈も10センチ以下だし、タネを作らないから管理も楽チンだし、キレイな花も咲くし、肥料もやらなくていいし‥‥‥
とにかく欠点がない!
強いてあげるなら日照不足に弱いくらいかな。それ以外は完全無欠。


たしか5月に通販で買ったんだよな。


24ポットで送料込九千円くらいだったかな。

1ポット当たり400円くらいなわけだから、花苗としてはかなり高価だ。


しかし芝生に比べればかなり安価に済ませられるのも事実!
芝刈り機とかいらないし。

ところが商品が届いたころ、オレは仕事に追われまくっていて、家にいる時間がほとんどなかった。

一応毎日帰宅してたけど、深夜2時に帰宅して、朝6時30分に家を出るという生活。
オレも風呂くらいは入りたいから睡眠時間は毎日3時間程度。
普段から深夜0時帰宅は当たり前だが、2時はさすがにキツイ。


植え付けなんてやってられんわ。


まぁ季節は5月だし、そんなに焦って植える必要もないだろう。
とりあえず庭先に出しておいて水遣りして、あとは休日にでも植えつけよう。


それから2週間ほどして、なんとか植え付けられる時間ができたわけだが‥‥


しおれまくっとる!!!!

そういえば仕事にかまけて水遣りらしいことはまともにやってなかった。



いかに乾燥に強い植物とはいえ、それは根が張っていればの話。サボテンじゃねえんだからさ。

嘆いていても仕方ない。とにかく植えつけよう。


砂漠の緑化に期待されるような植物だ!!水さえたんとやっとけば復活するに違いない!!

そう期待して植え付けを開始した。


まずは家の土台付近だ。

ウチは奥さんの強い希望により犬走りがないので泥跳ねがスゴいからな。



というのも以前オレは庭付きアパートに住んでいたんだが、ウチの子供が茶の間の網戸を勝手にあけて、しょっちゅう庭に落ちてたんだ。


下はコンクリートの犬走り。
幸い大事には至らなかったが、しょっちゅう落ちて、しょっちゅう泣いてた。




こうして奥さんにとって犬走りは危険な外溝という認識となり、結果ウチには犬走りがないのだ。


犬走りがないということは、雨が降るたび土砂を跳ねる。
当然外壁は泥で汚れる。
なのでウチの建物はいつも汚い。

これは見た目がよろしくないので、グランドカバーで泥はねを抑える必要があった。


24ポット中12ポットは土台近くに植えたな。



幸いヒメイワダレソウは生きていた。

2~3ポット死んでたけどそのくらいは許容範囲内だ。
すっごく殖える植物だしな。

※ちなみに6月初旬、近所の園芸店で1ポット150円で売られているのを発見して泣いた。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

つよし

Author:つよし
福島県郡山市に住むフツーの会社員。
小さな庭で現在孤軍奮闘中。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。